広告主さまの声

水産加工

カネカシーフーズ さま (気仙沼市海の市)

震災からの復旧を支えてくれた「i タウンページ」「ECショップ」で夢の全国展開まで実現!


iタウンページ広告(+EC

2016年9月発行
タウンページ宮城県県東版掲載
インコラム広告3行(フリースペース小)

※広告サイズは実物大と異なります。

当社は1952年、宮城県気仙沼市に海産乾物加工品の製造販売会社「昆野商店」として創業。加工品会社として営業しながら工場建設や生産ラインを整えていき、1969 年に海産乾物加工の総合メーカーに。1982年、社名を株式会社カネカシーフーズと改め現在に至ります。気仙沼の工場から全国各地に設置した冷凍庫のある営業所へ商品を移送展開し、スーパーマーケットなどの小売店はもちろん、業務用として各地の市場へも販売しています。また北海道の小樽に本社赤岩工場より小規模ではありますが小樽工場を立ち上げ、主力商品である「朝飯めかぶ」「子持めかぶ」の道内消費分を製造しています。2011年には東日本大震災と津波により大きな被害を受け、会社も社員も厳しい状況となりましたが、「できることを、やれるところから」と、皆でがれきを片付け、設備を整えて、半年後には「プッチンコッコ」という商品1品の生産ラインを復旧。それからも徐々に商品生産ラインを復活させつつ、小樽工場で「朝飯めかぶ」の製造をカバーし、全国の営業所社員が販路を維持し続けました。2014 年には気仙沼港の観光施設「海の市」の復活にあわせて、当社商品の直営販売店舗「磯蔵」もオープンしました。

基本的には、全国の営業担当者がパンフレット持参で得意先を回り、社と商品のPRをするのが当社の宣伝スタイルですね。一時期は地方テレビ局でCMを放映していたこともありましたが、1996 年から20 年間続いているのは電話帳のタウンページへの広告です。現在は当社名と「朝飯めかぶ」の商品名ロゴを掲載し、目に付きやすい広告だと思っています。最近「タウンページを見た」というお電話は、ほとんどが「直接購入できますか?」というような個人のお客さまで、おそらくインターネットを使わない方だと思います。というのは、カネカシーフーズとして2008 年頃からiタウンページに広告掲載をしていますので。「磯蔵」の開店時に、iタウンページ内の「お取り寄せiタウン」にECショップも出店しました。作りっぱなしではなく、商品写真の変更や売り切れの告知、セール等お知らせ欄の活用などは自分で操作できるところが気に入っています。ECショップへの出店後、あるお取り寄せグルメ漫画で当社の「醤油漬け子持いか」が取り上げられ、一気に人気商品となりました。興味を持たれた方が商品名でインターネット検索をすると、「お取り寄せiタウン」のECショップがトップに表示されて、すぐに購入できるということで、一時は生産が追い付かないほどだったんですよ。そんな多くの注文が来た時も、自動配信で注文確認メールがご購入者さまとお店に届くので大変助かりました。

皆の努力の甲斐あって、2016 年現在、被災前のおよそ8 割まで生産量は回復しました。震災後は観光地としての集客が難しく、復旧にも追われていた私たちを下支えしてくれたのは「i タウンページ」や「ECショップ」だったと言っても過言ではありません。自社のホームページだけではなかなか難しいと感じていた全国展開も実現でき、併せて当社カネカシーフーズの認知度も上がっていると実感しています。これからも頑張って商品を広め、会社と気仙沼の復興を進めていきたいと思っています。

2016年9月 総務課 課長 菊池 俊之

磯 蔵 店長 川口 祐介

iタウンページ広告(+EC

2016年9月発行タウンページ宮城県県東版掲載インコラム広告3行(フリースペース小)
※広告サイズは実物大と異なります。


☆上記内容は、あくまでも取材に基づく当該広告主さまのご意見であり、全ての広告主さまに共通するものではありません。

iタウンページは、NTTタウンページ(株)が運営するインターネットサイトです。