広告主様の声

自動車タイヤ販売

ミスタータイヤマン松山 様 (愛媛県松山市)

アドワーズ広告で売り上げにつながる問い合わせが増えました


iタウンページ広告(プレミアムプラン)※広告サイズは実物大と異なります。

1976年トラックなど大型車両のタイヤサービス店として株式会社ブリヂストン松山タイヤセンターを設立、その中で、ミスタータイヤマン松山店という小売り部門を1999年にお店として立ち上げました。ミスタータイヤマンは、株式会社ブリヂストンのタイヤ販売のフランチャイズ店です。

NTTタウンページとの付き合いは、当社がNTTタウンページ社様とリースなどのお仕事もさせていただいている関係もあり、相互にお取引させていただいています。

iタウンページ広告は、まるで当店のホームページのように作ってもらっています。Googleアドワーズ広告もお願いしていて、検索表示画面のいちばん上に出してもらっているので、掲載以降電話での問い合わせがすごく増えました。インターネットでの検索って、皆さんよくされると思いますが、検索結果の画面では、まず上のほうからご覧になりますよね。そんなとき、この効果は絶大です。

iタウンページ広告への掲載をきっかけに、電話での問い合わせ内容が変わりました。以前は「何時までやっていますか」とか「場所はどこですか」といった内容の電話が多かったのですが、お客さま自身でiタウンページ広告のサービス内容を見てご確認されるようになったのか、お電話で見積もりをご依頼されて、ご来店いただき、お買い上げになる、という流れが結構増えてきました。多くの方が携帯電話やスマートフォンを持っている昨今、特に出先等でのご利用者様に、iタウンページは強いのだと思います。

iタウンページ広告(プレミアムプラン
※広告サイズは実物大と異なります。


複数箇所の広告掲載で、ご要望をもれなくキャッチ


2014年7月発行
タウンページ愛媛県中予版掲載
ディスプレイ広告 1/8(フルカラー)
※広告サイズは実物大と異なります。

タウンページですが、やはり年齢層が高めの方は紙媒体のほうがわかりやすいと思います。若い方から40代くらいまでの方だったらインターネットを利用されている方が多いのではないでしょうか。年配の方になると、やはり紙媒体でひと目で見渡せるほうが見やすく安心されるのかなと考えています。私もiタウンページがないころは、タウンページで調べていました。やはりインターネットやスマートフォンなどの普及で目にする広告も変わってきました。それでも、年配の方は紙媒体に広告掲載しているほうが見ていただけている感じはします。

あくまでもベースがタウンページ広告で、プラスアルファとしてiタウンページ広告があるという考え方です。また、NTTタウンページが運営しているという信頼感が、特に年配の方にはあるようです。新聞折り込みチラシやタウン誌などにも広告を載せたことがあるのですが、年数がたつと効果がなくなるので、やめたり変えたりしてきました。基本認知度を上げることが期待できるので、NTTタウンページのサービスは逆に増やしているんですよ。

2015年2月 店 長 宮部 啓

2014年7月発行
タウンページ愛媛県中予版掲載
ディスプレイ広告 1/8(フルカラー)
※広告サイズは実物大と異なります。


☆上記内容は、あくまでも取材に基づく当該広告主様のご意見であり、全ての広告主様に共通するものではありません。

iタウンページは、NTTタウンページ(株)が運営するインターネットサイトです。
タウンページは、NTT東日本・NTT西日本が発行する職業別電話帳です。